メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連安保理

パレスチナの安全求める決議、否決 米が拒否権行使

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は1日、パレスチナ市民の安全と保護を求める決議案を否決した。米国が拒否権を行使した。米国はパレスチナ関連決議で拒否権を使い続けている。

     決議案は、イスラエル軍との衝突でパレスチナ市民に多くの死傷者が出たことを受け、非常任理事国のクウェートが作成した。米国のへイリー国連大使は「イスラム組織ハマスこそが平和の最大の障害だ」と述べ、ハマスに言及しない決議案を批判し、拒否権行使を宣言した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]