農業・食品産業技術総合研究機構

ゲノム編集のイネを田植え つくば /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 農業・食品産業技術総合研究機構(つくば市)は1日、遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」で改良したイネを敷地内の水田に植えた。

 同機構は、既存の品種より収量を2割程度増やすことを目指して品種開発しており、昨年から野外での栽培実験を開始した。

 品種は、昨年と同じジャポニカ米「日本晴」などで、今…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

ニュース特集