メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県内にも実名資料 保健所、新潟市役所に10人の情報 /新潟

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者に不妊手術を強制していた問題で県は1日、手術が必要かを問われた10人の名前などが書かれた資料が見つかったと発表した。国には県内で267人が手術を受けたとする記録が残っているが、個人が特定できる情報が載った資料が県内で発見されたのは初めて。

 県健康対策課によると5月下旬、職員が県内の保健所と新潟市役所の書庫で見つけた。

 資料には県が設置していた審査会で、67~81年度に手術の必要性を問われた男性1人、女性9人の計10…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです