メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=木葉健二撮影

 今の日本は、こういう国になっている。

 (1)何か問題が起きた時、過去の記録を調べようとすれば、その記録は破棄・改ざんされている可能性がある。

 (2)法案を作成するための資料も、政権の都合のいいようにデータが捏造(ねつぞう)されている可能性がある。

 (3)万が一、文書が発見された場合、その文書に記載されている人物は記憶を失うことがある。

 そして今、一国の首相が、国会で何度も嘘(うそ)をついたのか、そうでないのかが問われている。2017…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです