メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=木葉健二撮影

 今の日本は、こういう国になっている。

 (1)何か問題が起きた時、過去の記録を調べようとすれば、その記録は破棄・改ざんされている可能性がある。

 (2)法案を作成するための資料も、政権の都合のいいようにデータが捏造(ねつぞう)されている可能性がある。

 (3)万が一、文書が発見された場合、その文書に記載されている人物は記憶を失うことがある。

 そして今、一国の首相が、国会で何度も嘘(うそ)をついたのか、そうでないのかが問われている。2017…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1627文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]