メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

「顔」製作中 伊賀白鳳高校生、地元産材で「総合案内所」 /三重

インターハイの総合案内所を作る生徒ら=三重県伊賀市の伊賀白鳳高実習室で、大西康裕撮影

 県立伊賀白鳳高校(伊賀市緑ケ丘西町)の生徒が、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)で訪れる選手や観客向けの「総合案内所」作りに取り組んでいる。

 同高を含め県立4校が県の実行委から依頼を受け、県内の近鉄主要駅に設置する案内所を製作している。同高では部活動の建築造形部員17人が地元の伊賀市川北産のヒノキを用いて、案内所を作っている。

 大きさは高さが2メートル、幅1・8メートル。移動を考慮した組み立て式で奥行き45センチのカウンター…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです