メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校総体

「顔」製作中 伊賀白鳳高校生、地元産材で「総合案内所」 /三重

インターハイの総合案内所を作る生徒ら=三重県伊賀市の伊賀白鳳高実習室で、大西康裕撮影

 県立伊賀白鳳高校(伊賀市緑ケ丘西町)の生徒が、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)で訪れる選手や観客向けの「総合案内所」作りに取り組んでいる。

 同高を含め県立4校が県の実行委から依頼を受け、県内の近鉄主要駅に設置する案内所を製作している。同高では部活動の建築造形部員17人が地元の伊賀市川北産のヒノキを用いて、案内所を作っている。

 大きさは高さが2メートル、幅1・8メートル。移動を考慮した組み立て式で奥行き45センチのカウンター…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文489文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです