メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
安全に楽しむ大山

毎日新聞記者挑戦/下 甘く見ず、対策しっかり ガイド歴30年、久保昌之さんと歩く /鳥取

事故で亡くなった登山仲間に向け、手を合わせる久保昌之さん=鳥取県大山町の大山で、園部仁史撮影

「“今日”初心者」が心得

 子どもたちでも気軽に登ることができる大山。一方で、毎年20人近くが遭難しており、この5年間でも6人が亡くなっている。年100回以上登るという、ガイド歴約30年の久保昌之さん(64)=江府町在住=は「(大山寺開山)1300年でより多くの人が今年は訪れる。登山にはベテランなんていない。甘く見ずしっかりと対策を取って楽しんでほしい」と訴える。

 県警によると、大山での遭難は2017年までの5年間で計84件。うち死亡が6人、重軽傷者も49人いた…

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1139文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです