メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

非正規賃金格差判決 迫られる待遇改善

判決に臨み最高裁判所に入る原告ら=東京都千代田区で2018年6月1日午後2時51分、宮武祐希撮影

 正社員と非正規社員の「格差」はどこまでが許容されるのか。この点が問われた2件の訴訟で、最高裁は労使のさまざまな事情を踏まえて個々の賃金や手当について詳細に検討し、結論を導いた。2件とも今回のケースに限定された「事例判断」ではあるが、皆勤手当の格差を否定する一方で住宅手当の格差は容認するなどした内容は、今後の司法判断の指標になりそうだ。労働者に限らず、企業に与える影響は小さくない。【伊藤直孝、市川明代、石山絵歩】

この記事は有料記事です。

残り1749文字(全文1957文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです