森友学園

国有地売却問題 文書改ざん、財務省対応批判 福田元首相

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福田康夫元首相は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題で「記録を残すのは歴史を積み上げることだ。公文書は石垣の一つであり、ちゃんとした石でなければ困る」と財務省を批判した。福田氏は首相在任中、公文書管理法の制定に取り組んだ。今回の問題について…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

あわせて読みたい

注目の特集