メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米雇用統計

失業率18年ぶり低さ 5月3.8% FRB利上げ濃厚

 【ワシントン共同】米労働省が1日発表した5月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、失業率が前月から0・1ポイント低下して3・8%となり、2000年4月(3・8%)以来、18年1カ月ぶりの低水準となった。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月から22万3000人増えた。市場予想の18万8000人程度を上回った。

 連邦準備制度理事会(FRB)は今月に追加利上げを見込んでおり、就業者数が大きく伸びたことで利上げ実…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文484文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]