メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米雇用統計

失業率18年ぶり低さ 5月3.8% FRB利上げ濃厚

 【ワシントン共同】米労働省が1日発表した5月の雇用統計(速報、季節調整済み)は、失業率が前月から0・1ポイント低下して3・8%となり、2000年4月(3・8%)以来、18年1カ月ぶりの低水準となった。景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数は前月から22万3000人増えた。市場予想の18万8000人程度を上回った。

 連邦準備制度理事会(FRB)は今月に追加利上げを見込んでおり、就業者数が大きく伸びたことで利上げ実…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 障害者雇用水増し 93%は障害者手帳や診断書なし
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 訃報 清水栄馬さん94歳=タレント清水国明さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです