所有者不明土地

解消へ 登記官に権限

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 所有者不明の土地が増えている問題で、法務省は、所有者の氏名や住所が正しく記載されていない登記(変則型登記)の解消を目指し、登記事務を取り扱う法務局の登記官に所有者を割り出すための調査権限を与える方針を決めた。変則型登記は公共事業の土地取得などに支障を及ぼす要因の一つとなっており、関連法案を来年の通…

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文230文字)

あわせて読みたい

注目の特集