メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞受賞

羽生、さらなる高みへ 卓越の技術、表現力

平昌五輪でフィギュアスケート男子フリーの演技を終え、右足首をいたわる羽生結弦=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月17日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)に国民栄誉賞が授与されることが1日、決まった。震災や度重なるけがなどを乗り越え、卓越した技術と豊かな表現力を兼ね備えた演技で活躍。その姿が大きな感動を呼び、受賞につながった。

 4歳でスケートを始めた羽生は練習に集中できず遊んでばかりだったが、1回転半を初めての挑戦で跳んでしまうなど、潜在能力はあった。小学生の頃に参加した日本スケート連盟の全国有望新人発掘合宿では、天性のリズム感を評価された。

 中学3年で出場した2010年世界ジュニア選手権を制して世界のトップへの一歩を踏み出すと、12年世界…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです