内閣府

事前候補以外から選定 研究開発責任者再公募

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 内閣府が今年度から5カ年で行う「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」第2期事業の12ある研究開発課題の責任者(PD)を公募したにもかかわらず、実際は事前に候補者を決めていた問題で、内閣府は1日、12課題のうち唯一再公募していた「光・量子技術基盤」のPDに、西田直人・東芝元執行役専務を選んだ。内閣府によると5人から応募があり、西田氏は事前に選ん…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集