メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
旧優生保護法を問う

事情説明なく強制不妊 東京の聴覚障害者、実名公表し証言

旧優生保護法下の強制不妊手術について自身の体験を手話で証言する宍戸和美さん=東京都渋谷区で1日午後

 旧優生保護法(1948~96年)下での障害者への不妊手術問題で、東京都に住む聴覚障害者の宍戸和美さん(81)が1日記者会見し、50年以上前に事情も分からないまま仙台市で手術を強制されたと手話を通じて証言した。聴覚障害者が実名を公表して被害を訴えるのは異例。宍戸さんは「国に謝ってほしい。補償してほしいとの気持ちはある」と訴えた。東京都聴覚障害者連盟(渋谷区)で記者会見に応じた。

 宮城県丸森町出身で、生まれつき耳が聞こえず、仙台市の県立ろう学校に通っていた。54年、父親と教師に…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです