メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術 記録なしでも救済を 北海道副知事、厚労省に要請

 旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録の多くが廃棄されたことを受け、北海道の辻泰弘副知事は1日、記録がなくても一律に救済するよう厚生労働省に申し入れた。同省によると自治体の一律救済要請は初めて。「速やかに救済が開始される必要がある」と早急な対応を求めた。

 道内で手術を強制された2593人のうち、道調査で手術と審査会での手術決定記録1314人分が見つかった。3月の毎日新聞調…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです