アメリカンフットボール

悪質タックル 内田氏、常務理事も辞任 日大、第三者委を設置

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
内田正人前監督の常務理事辞任などをスポーツ庁に報告し、取材に応じる日大の大塚吉兵衛学長=東京都千代田区で2018年6月1日、手塚耕一郎撮影
内田正人前監督の常務理事辞任などをスポーツ庁に報告し、取材に応じる日大の大塚吉兵衛学長=東京都千代田区で2018年6月1日、手塚耕一郎撮影

 日本大は1日、アメリカンフットボール部による悪質タックルの責任を取り、内田正人前監督(62)が5月30日付で、大学の常務理事職を辞任したことを明らかにした。理由は「学内外に多大な迷惑をかけた」としている。日大は事実関係の解明や再発防止策をまとめるため、元広島高検検事長の勝丸充啓弁護士を委員長とした第三者委員会を設置した。【田原和宏、村上正】

 両案件は1日、東京都内で開かれた理事会で全会一致で了承された。東京都内で入院中の内田前監督から5月30日に辞職の申し出があった。日大は第三者委の調査と、関西学院大選手側の告訴状を受理した警察の捜査の結果より先に「解任はできない」と判断した。保健体育審議会事務局長など他の職務も全て執行停止とし、最大6カ月の自宅待機を命じた。第三者委の調査結果をもとに判断する。

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1290文字)

あわせて読みたい

注目の特集