メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

里美ちゃん 福岡県新宮町・浦野里美(54歳)

 ここで生まれ育った私は、この年齢でも近所の人から親しみを込めて「里美ちゃん」と呼ばれる。結婚した頃、消防団に入った夫と参加した飲み会で「里美ちゃん」と呼ばれるのを聞いた先輩の奥様が「私も名前で呼んでほしい」と頼んだ。みんなから「今更無理」と断られて笑った。

 思えば60代でも70代でも、私のようにここで生まれてお婿さんをもらった人は今でも「〇〇ちゃん」と呼ばれている。母がお向かいの方から「最近2階に布団が干していないけど里美ちゃんは元気?」と聞かれたらしい。

 リハビリがてら2階のベランダには布団から洗濯物まで、私は毎日たくさん干していた。一度「今日はもうい…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  2. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. 「警察来ないと思った」 麻薬所持、沢尻容疑者供述

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです