メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談

トランプ氏開催表明 金氏親書に「非常に良い」

金英哲朝鮮労働党副委員長(左)と会話するトランプ米大統領=ワシントンのホワイトハウスで2018年6月1日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は1日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を、当初の予定通り12日にシンガポールで開催すると表明した。金正恩委員長の最側近とされる金(キム)英哲(ヨンチョル)党副委員長とホワイトハウスで会談後、記者団に語った。トランプ氏は「6月12日は新たな関係の始まりになるだろう。対北朝鮮制裁を解除する日を楽しみにしている」と述べた。

 トランプ氏は金英哲副委員長とホワイトハウスの執務室で面会し、金正恩委員長からの親書を受け取った。トランプ氏は記者団に「非常に良い手紙だ」と好意的な内容との認識を示したが、「(親書を)まだ開封していない」と語った。

 トランプ氏は「北朝鮮は(非核化の)意思を持っている」と述べる一方で「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」と指摘。北朝鮮の非核化への道筋をつけるため、複数回の首脳会談が必要になるとの見通しを示した。12日の会談については「互いを知ることが主目的だ。その場で何かに署名するようなことはないだろう」と説明した。ただ、会談で朝鮮戦争の終結宣言案に合意する可能性について「あり得る。歴史的に非常に重要だ」と語った。

 金英哲副委員長との会談でトランプ氏は、現状の2国間交渉が頓挫しない限り「新たな制裁を科すことはない」と言明。記者団に「今後、『最大限の圧力』という言葉は使いたくない」と述べた。

 トランプ氏は、金正恩委員長が権力を維持したままでも北朝鮮の変革が「可能だと信じている」と強調した。そのうえで、北朝鮮が非核化を受け入れた後の経済支援に関して日本や韓国、中国が取り組むとの認識を示し「米国が多くの支出をすることはない」と述べた。

 北朝鮮最高幹部によるワシントン訪問は2000年の趙明禄(チョミョンロク)国防委員会第1副委員長(当時)以来18年ぶり。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです