メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏「北朝鮮2番目の権力者」を特別扱い

金英哲朝鮮労働党副委員長(左)と握手するトランプ米大統領=ワシントンのホワイトハウスで2018年6月1日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領と1日会談した金英哲朝鮮労働党副委員長は、金正恩党委員長の最側近だ。トランプ氏は「北朝鮮で2番目の権力者との長時間の会話になった」と語り、会談が良好なムードだったことを強調した。

 金副委員長は長年、北朝鮮軍の情報・工作機関トップを務めた。韓国哨戒艦沈没事件(2010年)、ソニー米映画子会社へのサイバー攻撃(14年)などの対外工作を指揮したとされ、米韓両国の制裁対象となっている。

 国連代表部のあるニューヨークから25マイル(約40キロ)圏外への移動は制限され、ポンペオ米国務長官…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです