メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノネコ

捕獲譲渡に殺処分是非も 奄美の希少種を捕食

奄美大島の林道脇にいたネコ=鹿児島県の奄美大島で、須賀川理撮影

 鹿児島県の奄美大島で絶滅危惧種のアマミノクロウサギなどを襲うノネコの問題が近年クローズアップされている。奄美大島は「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」(鹿児島、沖縄県)の構成地域として世界自然遺産への登録が期待されてきたが、政府が1日に推薦取り下げを決定。再挑戦に向けて希少動物保護の体制強化が求められ、島内に600~1200匹生息していると推定されるノネコ対策も急務になっている。【菅野蘭】

 ノネコは島の集落などの猫が野生化したもので、奄美大島では環境省が2008年6月に初めてアマミノクロウサギを捕食する姿を撮影。採取したノネコのふんからは希少哺乳類の毛や骨が高い割合で検出された。2000~4800匹と推定される奄美大島のアマミノクロウサギはノネコや森林伐採、ハブ対策で導入されたマングース、交通事故などによって生存が脅かされている。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです