カジノ法案

首相、経済効果強調 野党「依存症増える」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院内閣委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年6月1日、川田雅浩撮影
衆院内閣委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年6月1日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は1日、衆院内閣委員会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案について「IRは世界と日本各地をつなぐ交流のハブになる」と経済効果を強調した。これに対し、野党はギャンブル依存症患者が増える恐れがあると追及。本格的な論戦は始まったばかりだが、与党は6日に同委で採決し、7日にも衆院を通過させる構えで審議を急いでいる。

 首相は目指すIR像を「これまでにないスケールとクオリティーを有する総合的なリゾート施設として、世界中から観光客を集める」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文948文字)

あわせて読みたい

注目の特集