メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活解禁

今年も「売り手市場」 知恵絞り優秀人材獲得へ

面接に臨み、控室で担当者の話を聞く学生たち=東京都墨田区で2018年6月1日、丸山博撮影

 2019年春卒業予定の大学生らの採用選考が、1日に解禁された。有効求人倍率はバブル期を超え、今年も学生側が優位な「売り手市場」だ。各社は採用方法の工夫で学生獲得を狙う。

 損害保険ジャパン日本興亜は、「大学・短大卒業後3年以内」だった応募資格を今年から「29歳以下」に拡大し、珍しい実績をアピールする「一芸採用」を新設した。1日の面接には「学生時代に起業した」「陸上で世界大会に出た」など多様な応募者が集まった。参加した立教大文学部4年の男子学生(22)は「採用年齢にも幅があって、働きやすそうな印象」と語った。

 人材紹介サービスのアプリ(東京都新宿区)とTABIPPO(同渋谷区)は5月24日、10カ国以上を旅…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1631文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです