メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活解禁

今年も「売り手市場」 知恵絞り優秀人材獲得へ

面接に臨み、控室で担当者の話を聞く学生たち=東京都墨田区で2018年6月1日、丸山博撮影

 2019年春卒業予定の大学生らの採用選考が、1日に解禁された。有効求人倍率はバブル期を超え、今年も学生側が優位な「売り手市場」だ。各社は採用方法の工夫で学生獲得を狙う。

 損害保険ジャパン日本興亜は、「大学・短大卒業後3年以内」だった応募資格を今年から「29歳以下」に拡大し、珍しい実績をアピールする「一芸採用」を新設した。1日の面接には「学生時代に起業した」「陸上で世界大会に出た」など多様な応募者が集まった。参加した立教大文学部4年の男子学生(22)は「採用年齢にも幅があって、働きやすそうな印象」と語った。

 人材紹介サービスのアプリ(東京都新宿区)とTABIPPO(同渋谷区)は5月24日、10カ国以上を旅…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです