就活解禁

今年も「売り手市場」 知恵絞り優秀人材獲得へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
面接に臨み、控室で担当者の話を聞く学生たち=東京都墨田区で2018年6月1日、丸山博撮影
面接に臨み、控室で担当者の話を聞く学生たち=東京都墨田区で2018年6月1日、丸山博撮影

 2019年春卒業予定の大学生らの採用選考が、1日に解禁された。有効求人倍率はバブル期を超え、今年も学生側が優位な「売り手市場」だ。各社は採用方法の工夫で学生獲得を狙う。

 損害保険ジャパン日本興亜は、「大学・短大卒業後3年以内」だった応募資格を今年から「29歳以下」に拡大し、珍しい実績をアピールする「一芸採用」を新設した。1日の面接には「学生時代に起業した」「陸上で世界大会に出た」など多様な応募者が集まった。参加した立教大文学部4年の男子学生(22)は「採用年齢にも幅があって、働きやすそうな印象」と語った。

 人材紹介サービスのアプリ(東京都新宿区)とTABIPPO(同渋谷区)は5月24日、10カ国以上を旅した学生を対象とする「旅人採用」の合同企業説明会を開催し、全国から40人の学生を集めた。今春、大学を卒業した京都府の田口隼嗣さん(24)は、1年かけ53カ国を旅した。「旅行では臨機応変な判断が必要。その経験値を評価してくれる企業との出会いがありそうだ」と期待する。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1631文字)

あわせて読みたい

注目の特集