メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

託送料、発電側も負担へ 新制度案とりまとめ

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 経済産業省の電力・ガス取引監視等委員会は1日、送配電線の維持費負担に関する新制度案を取りまとめた。現在、電力利用者が電気料金を通じて負担している大手電力会社の送配電線の利用料「託送料金」について、再生可能エネルギーを含む発電事業者が一部負担する形に改めるのが柱。

 2020年以降の導入を目指す。全国的に…

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです