米輸入制限

米国発 貿易摩擦が拡大 揺らぐ世界経済基盤

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
EUのユンケル欧州委員長=AP
EUのユンケル欧州委員長=AP

 米政府が1日に鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を発動したことに対し、欧州連合(EU)とカナダ、メキシコ両政府はそろって対抗措置に打って出ることを表明した。保護主義的な姿勢をあらわにするトランプ米大統領が、同盟国も巻き込んだ「報復合戦」を引き起こした形で、世界経済の基盤となる自由貿易体制が大きく揺らいでいる。

 「世界貿易にとって不幸な日になってしまった」。米国がEUへの輸入制限を発表した直後、EUのユンケル欧州委員長はこう述べ、米国への対抗措置に出ると表明した。フランスのマクロン大統領も「経済ナショナリズムは戦争を引き起こす」と、厳しい口調で米国を批判した。

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集