メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

記録なくても一律救済要請 北海道

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された障害者らの記録の多くが廃棄されたことを受け、北海道の辻泰弘副知事は1日、記録がなくても一律に救済するよう厚生労働省に申し入れた。同省によると自治体の一律救済要請は初めて。「速やかに救済が開始される必要がある」と早急な対応を求めた。

 道内で手術を強制された2593人のうち、道調査で手術と審査会での手術決定記録1314人分が見つかった。3…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
  5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです