メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力団被害

ゼネコンに国が400万円給付

 福岡県行橋市発注の工事を受注し、特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)への地元対策費(みかじめ料)として800万円を脅し取られたゼネコンに対し、国が被害回復給付金支給制度に基づき約400万円を給付したことが、関係者への取材で分かった。

 制度は詐欺や出資法違反など組織的犯罪で奪われた財産を国が犯人から没収・追徴し、被害者…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

  5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです