メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

羽生さらなる高みへ 卓越の技術、表現力

平昌冬季五輪でフィギュアスケート男子2連覇を果たし、日の丸をまとい天を仰ぐ羽生結弦=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月17日、佐々木順一撮影

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)に国民栄誉賞が授与されることが1日、決まった。震災や度重なるけがなどを乗り越え、卓越した技術と豊かな表現力を兼ね備えた演技で活躍。その姿が人々の大きな感動を呼び、今回の受賞につながった。

 4歳でスケートを始めた羽生は練習に集中できず遊んでばかりだったが、1回転半を初めての挑戦で跳んでしまうなど、潜在能力はあった。小学生の頃に参加した日本スケート連盟の全国有望新人発掘合宿では、天性のリズム感を評価された。

 中学3年で出場した2010年世界ジュニア選手権を制して世界のトップへの一歩を踏み出すと、12年世界…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです