メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

「手術前には戻れない」 当事者ら講演 DPI日本会議 横浜・全国集会 /神奈川

 障害者らへ不妊手術を強制していた旧優生保護法(1948~96年)に基づいて手術をされた当事者や家族の講演会が2日、横浜市中区の市技能文化会館で開かれた。障害を抱える人の団体の連合組織「DPI(障害者インターナショナル)日本会議」の全国集会の中で実施された。【杉山雄飛】

 経験を語ったのは、同法を巡って今年1月に全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした宮城県の60代女性の義姉と、5月に2次提訴した同県の70代、飯塚淳子さん(活動名)。障害者や一般の参加者ら約80人が耳を傾けた。

 飯塚さんは「精神薄弱」と診断され、16歳のときに手術をされた。知的障害児に職業訓練を行う「職親」に…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文636文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです