メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激震

18知事選 主要政党が推す2候補 「県民党」VS政権批判 対照的な戦術展開 /新潟

 10日投開票の知事選で、主要政党が推す2人の候補者が対照的な選挙戦術を展開している。自民、公明両党が支持する元副知事の花角英世氏(60)は党派色を薄めた「県民党」を標ぼうし、両党幹部を応援弁士として招くことを控えている。一方、野党5党1会派が推薦する元県議の池田千賀子氏(57)は、野党幹部の応援を積極的に受け入れて政権批判票を取り込む構えだ。【堀祐馬、南茂芽育、浅見茂晴】

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです