メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

脱サラで卵を生産する 佐々江良一さん(62) /福井

農園で鶏にえさを与える佐々江良一さん=福井県敦賀市沓見で、高橋一隆撮影

鶏に感謝し命いただく

 異色の経歴だ。関西電力陸上部出身。農業に転じたきっかけは、長距離走者だった20代にあった。「大会前に貧血で倒れ、食生活への関心が高まったんです」。美浜原発1、2号機(美浜町)の当直班長を最後に45歳で脱サラし、妻以津美さん(62)の実家がある敦賀市へ。「栄養の王様」とされる卵を生産するため本格的に養鶏を始めた。

 市街を一望する旗護山の中腹、杉林の谷あいに広がる棚田で50羽から手がけた。こだわりはストレスなく自…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです