メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

海津 保育士体験 半日で体力尽き果て 個性把握、けが防ぐ配慮も /岐阜

 今は男女共同参画の時代。今まで男性が多かった職場にも女性の進出は著しい。一方で育児に積極的に取り組む男性を指す「イクメン」という言葉も、もはや一般的だ。私が育児をしたのは遠い昔の話。共働き世帯にとって、子どもの世話をしてくれる力強い味方の「保育士」さんだが、その保育士さんの仕事ぶりを少しでも知りたいと思い、半日だけだが高須認定こども園(海津市高須町、田中直美園長)で保育士を体験してみた。【渡辺隆文】

 午前8時半、エプロンを着けて園児たちの登園を待つ。担当するのは16人の5歳児がいる「ぞう組」。しばらくして園児たちが次々にやってきた。「変な顔をされたらどうしよう」という不安は的中。見知らぬ私に警戒のまなざしを向けてくる。

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです