メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢中!熱中!いきいきライフ

荒廃竹林、仲間と間伐 竹を再利用「火倶野姫」=豊田 /愛知

 豊田市本町の公益財団法人「あすて」を拠点に活動するグループ「火倶野姫(かぐやひめ)」。昔話「竹取物語」にちなんだ名前で、間伐した竹を炭や竹細工などに再利用する取り組みを行っている。販売された竹製品は市民の人気を集め、売り上げの一部は市社会福祉協議会に寄付し、社会貢献にも寄与している。

 グループは11年前、「あすて」で開催された炭作り体験イベントをきっかけに、参加者の1人だった代表の都築忠夫さん(71)を中心に結成された。現在、会員は51~82歳の15人。手入れの行き届いていない竹林を見過ごすことができず、市内…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです