メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマトラ沖大地震

インド洋大津波 スリランカへ眼鏡や井戸 奈良のNPO、草の根支援を継続 /奈良

スリランカ人僧侶のスーリヤゴダ・ダンミカさん(左)と「国際交流ならふれあいの会」理事長の野原純子さん=奈良市法蓮町の奈良佐保キリスト教会で、佐藤英里奈撮影

 奈良市のNPO法人「国際交流ならふれあいの会」が、2004年12月のインド洋大津波で被害を受けたスリランカへの草の根国際支援を続けている。これまでに眼鏡1万個以上を贈ったほか、井戸を整備して安全な水を供給。メンバーは「誰かの役に立つことを続けていきたい」と話す。【佐藤英里奈】

 インドネシア・スマトラ島沖で起きた地震では、スリランカにも高さ10メートルを超す津波が押し寄せ、3万人以上が亡くなるなど甚大な被害が出た。

 「一緒に支援をしてくれないか」--。きっかけは同市内在住のスリランカ人、サマン・ペレラさんから直後に寄せられた相談だった。ペレラさんは自分でベッドを送るなど母国への支援を行っていたが、個人的な活動に限界を感じていた。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  4. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

  5. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです