メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども平和キャンプ

「被爆電車」で耳傾け 小中生22人が参加 /広島

被爆電車に乗り、横光美里さん(左)の話を聞く子供たち=広島市中区で、高山梓撮影

 平和な世界を実現するために何ができるかを考える「こども平和キャンプ」が2日、広島市で始まった。県内の小学4年~中学3年の22人が参加。この日は、原爆被害に遭いながらも修復を重ねて現役で走る広島電鉄の「被爆電車」に乗って当時の話を聞いたほか、似島(南区)で戦跡を巡った。

 原爆資料館などが主催し、今年で25回目。子供たちは資料館で被爆体験伝承者の講話を聞いた後、原爆ドーム…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. 新型コロナ「後遺症」、世界で報告相次ぐ 感染者の1割で倦怠感など長期化

  4. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです