メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
第九

鳴門で初演100周年 再現に喝采 歓喜の歌声響く /徳島

100年前の同時刻に行われた「第九」アジア初演を再現する演奏団=徳島県鳴門市大麻町の市ドイツ館前広場で、大坂和也撮影

 ベートーベン「第九」アジア初演の地、鳴門市大麻町で1日、100年前にドイツ人捕虜によって演奏された第九を同時刻に再現する演奏会「よみがえる第九」(同市主催)があり、会場の市ドイツ館前広場には約1200人の聴衆が集まった。板東俘虜収容所で人道的な扱いを受けた捕虜の子孫らが聴き入る中、当時と同じ男性だけの合唱団が、日独友好を育んだ地に歓喜の歌声を響かせた。【大坂和也】

 演奏会には立ち見が出るほど大勢が詰めかけ、現存するプログラムの開演時刻に合わせて午後6時半ごろ始ま…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです