メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証施設

「あらゆる有機性廃棄物の処理可能」 燃料化も期待 日田で稼働 /大分

 「あらゆる有機性廃棄物の処理が可能」とうたう画期的な電解・高圧処理方式の実証施設が2日、日田市伏木町の山下牧場(酪農)内で稼働した。ひとまず家畜排せつ物(牛ふん)を原材料にし、順次、生ごみ・食品残さや木質系廃棄物、医療系廃棄物、ビニール・ペットボトルなどの実証データを集め、堆肥(たいひ)化、飼料化、燃料化への道を探る。

 日田市のトーヨーマクロ合同会社(矢幡保会長)が6年がかりで開発し、神戸市のJ&Wトレーディング(淵…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです