G7

輸入制限で亀裂 米に包囲網、日本は及び腰 カナダで8日開幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シャルルボワ・サミットに出席する首脳の顔ぶれ
シャルルボワ・サミットに出席する首脳の顔ぶれ

 日米欧の主要7カ国首脳会議(G7サミット)が8~9日、カナダ東部シャルルボワで開かれる。トランプ米政権が強硬策を連発している通商問題や、北朝鮮の核・ミサイル開発などが議題になる見通しだ。通商問題を巡り米国と6カ国の間に亀裂が生じる中、G7が協調姿勢を示せるかが焦点となる。

 G7サミットの準備会合として、カナダ西部ウィスラーで開かれている財務相・中央銀行総裁会議は1日(日本時間2日)、大荒れの展開となった。トランプ政権が開幕直前、日本などに続き、G7の同盟国である欧州連合(EU)とカナダを鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限の対象に加える方針を表明したからだ。

 議長国カナダは当初、女性活躍や、経済成長の恩恵を幅広く行き渡らせる方策を中心に協議する計画だった。しかし、米国の輸入制限発動に各国が対抗関税で応じる方針を打ち出し、会議は本来なら貿易相が話し合う通商問題一色になった。

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1439文字)

あわせて読みたい

注目の特集