メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ニベア花王 エイト・フォー 成分名32文字つくる「8×4」

エイト・フォー=ニベア花王提供

 「エイト・フォー」は1951年にドイツの化粧品メーカー、バイヤスドルフ社で誕生したパウダースプレータイプの制汗剤だ。日本では花王とバイヤスドルフ社との合弁会社、ニベア花王が74年から販売している。

 40年代にバイヤスドルフ社の研究者が汗の臭いを防ぐ有効成分を発見し、商品開発がスタート。成分の正式名称は「ヘキサクロロジヒドロキシジフェニルメタン」で、ドイツ語で32文字だったことから、プロジェクト名を「B32」と名付けた。だが、商品化にあたり広告などでのアピール度を高めよう…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです