メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ニベア花王 エイト・フォー 成分名32文字つくる「8×4」

エイト・フォー=ニベア花王提供

 「エイト・フォー」は1951年にドイツの化粧品メーカー、バイヤスドルフ社で誕生したパウダースプレータイプの制汗剤だ。日本では花王とバイヤスドルフ社との合弁会社、ニベア花王が74年から販売している。

 40年代にバイヤスドルフ社の研究者が汗の臭いを防ぐ有効成分を発見し、商品開発がスタート。成分の正式名称は「ヘキサクロロジヒドロキシジフェニルメタン」で、ドイツ語で32文字だったことから、プロジェクト名を「B32」と名付けた。だが、商品化にあたり広告などでのアピール度を高めよう…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです