連載

もとをたどれば

商品名や社名などにこめられた企業の思いを紹介します。

連載一覧

もとをたどれば

ニベア花王 エイト・フォー 成分名32文字つくる「8×4」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
エイト・フォー=ニベア花王提供
エイト・フォー=ニベア花王提供

 「エイト・フォー」は1951年にドイツの化粧品メーカー、バイヤスドルフ社で誕生したパウダースプレータイプの制汗剤だ。日本では花王とバイヤスドルフ社との合弁会社、ニベア花王が74年から販売している。

 40年代にバイヤスドルフ社の研究者が汗の臭いを防ぐ有効成分を発見し、商品開発がスタート。成分の正式名称は「ヘキサクロロジヒドロキシジフェニルメタン」で、ドイツ語で32文字だったことから、プロジェクト名を「B32」と名付けた。だが、商品化にあたり広告などでのアピール度を高めよう…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集