メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

認知症とかかわる 介護予防に「サロン」づくり

認知症や介護予防のため、「こみか元気くらぶ」で童謡に合わせて体操する参加者=千葉県松戸市西馬橋相川町で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 認知症や介護の予防にコミュニケーションが重要なことがわかってきた。コミュニケーションをうまく取ると、認知症の症状がおだやかになることも明らかになっている。今月は認知症対策に重要なコミュニケーションについて掘り下げる。

 「むーすーんで、ひーらーいーて」。地域の高齢者11人が童謡に合わせ体操する。千葉県松戸市の「こみか元気くらぶ」。週に1度、近所の人がコミュニケーションを深める場だ。どんな体操をするか、歌は何を歌うかは参加者の発案で決める。お茶の時間は参加者自ら飲み物や茶菓子を用意する。春にはお花見をしたり、夏にはカキ氷を作ったり。参加者の女性(71)は、フィットネスクラブに通っていたが、腰椎(ようつい)の圧迫骨折で運動が難しくなった。ここなら、地域の人と触れ合い、適度に体も動かせる。「腰の調子も良くなってきた。社会に出る原動力になっている」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1892文字(全文2300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 火災 木造民家から出火 焼け跡から6遺体 仙台
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  4. 仙台住宅火災 「助けて」の叫び声 恐怖で震える近隣住民
  5. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです