メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

「大丈夫だよ」から新しいつながり=河瀬直美

河瀬さんの自宅のバラ

 年明けから実の祖母の存在が気になって仕方がなかった。遠い昔の記憶の中に「京都のおばあちゃん」と呼んでいたその人は人懐っこい笑顔が印象的だった。映画の製作に集中していたため、なかなか連絡を取れないままに春が来た。冬の間に何かしようとしてもなかなか重い腰が上がらないものである。桜の開花とともに、気温が上がり始める頃、携帯に記録していた番号を鳴らしてみたが、使われていないというメッセージが流れた。

 遠い親戚をたどりながら、従兄弟(いとこ)にあたる人物に連絡をしてやっとわかった。「直美ちゃんは何も…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです