メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『沖縄からの本土爆撃』=林博史・著

 (吉川弘文館・1944円)

 副題は「米軍出撃基地の誕生」。第二次世界大戦末期の1945年4月1日、米軍が沖縄本島に上陸、迎え撃つ日本軍は6月23日まで組織的抵抗を続けた。沖縄の米軍が、民間人を殺害したことはよく知られている。日本軍が必ずしも同胞を守らず、結果として死に追いやったことも。しかしその虐殺の島が、新たな虐殺の基地となったことはさほど知られていないだろう。著者は米側の資料をたんね…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  2. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  3. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  4. 「通学バス、給食の手配が間に合わない」休校や短縮授業の学校も 拳銃強奪
  5. 「おとなしくて真面目な印象。トラブルや苦情ない」東京の容疑者自宅マンション管理人 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです