メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

裾野広がる 難病細胞再現し創薬

内耳細胞の入った培養皿に薬剤を入れる広井有香技官=東京都新宿区の慶応大総合医科学研究棟で

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った難病などに対する創薬研究が加速している。慶応大のチームは近く、患者のiPS細胞を使って効果を確認した薬の治験を開始。理化学研究所が300を超える疾患のiPS細胞を集め、全国の研究機関に配布するなど裾野を広げる取り組みも進む。ただ、細胞の実験で有効性や安全性を判断するには限界もあり、課題も残る。【荒木涼子】

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文2956文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「入れたい人いない」 白馬の王子、いつまで待つ気なのか
  4. 吉本・岡本社長 22日に会見 宮迫さんらの会見受け
  5. 参院選投票日にあたっての各党の声明 全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです