メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

裾野広がる 難病細胞再現し創薬

内耳細胞の入った培養皿に薬剤を入れる広井有香技官=東京都新宿区の慶応大総合医科学研究棟で

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った難病などに対する創薬研究が加速している。慶応大のチームは近く、患者のiPS細胞を使って効果を確認した薬の治験を開始。理化学研究所が300を超える疾患のiPS細胞を集め、全国の研究機関に配布するなど裾野を広げる取り組みも進む。ただ、細胞の実験で有効性や安全性を判断するには限界もあり、課題も残る。【荒木涼子】

この記事は有料記事です。

残り2783文字(全文2956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです