メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jのトレンド

サッカー/1 平均年齢、大会経験 「実績重視」吉か凶か

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に臨む日本代表の23人が決まった。西野朗監督が悩み抜いて選んだ選手たちにはどんな特徴や共通点があるのか。西野ジャパンのトレンドを分析する。【丹下友紀子】

 W杯開幕時(6月14日)の日本代表23人の平均年齢は28・3歳。過去最高だった2010年南アフリカ大会の27・8歳を上回った。

 30代の選手が、35歳の川島(メッス)、34歳の長谷部(アイントラハト・フランクフルト)ら過去最多となる8人入り、ほぼ3分の1を占める。20代前半は23歳の中村(柏)と植田(鹿島)の2人で、06年ドイツ大会と並ぶ少なさだ。前回大会の経験者は11人で、過去最多のドイツ大会と同数となった。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 国際線運休で帰れない…関西のベトナム人技能実習生、生活困窮深刻に

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです