メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

最期の選択/4止 透析やめ「おうちで」 家族の絆、深めた20日

人工透析を自ら中断し、亡くなる数日前の洋子さん(手前)。夫豊さんが車椅子を押し、よく通った自宅近くの高台を訪れた=豊さん提供

 「お願いがあるんだけど。お父ちゃん、来世も一緒だよね」。鹿児島市内の病室で、高松洋子さん(当時80歳)は、見舞いに来ていた夫の豊さん(83)につぶやいた。「当たり前だろ。お前はいい女だ」。洋子さんはにっこりと笑い、自宅に帰りたいと伝えた。

 2012年9月、大腿(だいたい)骨を折って入院していた洋子さんが突然口にした言葉。豊さんは妻の覚悟を感じ取り、自宅に連れ帰った。

 慢性腎不全の洋子さんは、15年前から週3回、人工透析を続けてきた。腎機能の低下で骨がもろくなり、腰…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1574文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚 「笑顔あふれる家庭を」柴崎選手と真野さん
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
  4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  5. 真野恵里菜 柴崎岳選手との結婚発表 「ひたむきに努力し続ける彼はとてもすてき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]