アメリカンフットボール

悪質タックル 第三者委調査、迅速に 父母会、日大に要求

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本大アメリカンフットボール部の父母会は2日、日大の関係者と面会し、9月開幕の関東大学リーグ戦からチームが復帰できるよう悪質タックルに関して日大が設置した第三者委員会(委員長・勝丸充啓弁護士)の調査を急ぐことを要望した。

 第三者委は悪質タックルに関する事実解明の調査結果や再発防止策を、7月下旬に報告する見通しを示している。それでは、リーグ戦参加…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集