連載

不知火のほとりで

毎日新聞デジタルの「不知火のほとりで」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/68 創造

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ひかりがいくつも弧を描いた=水俣市で、田鍋公也撮影
ひかりがいくつも弧を描いた=水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

怨嗟と憤怒を超えて

 東京都千代田区の有楽町マリオンはビル群の中にあった。花を一輪、胸に抱いた人たちが列をつくっている。水俣フォーラム主催の「石牟礼道子さんを送る」は4月15日に開かれた。2月10日に90歳で死去した石牟礼道子さんのお別れの会である。

 私は飛行機で福岡から来たのだ。正直、石牟礼さんが亡くなるとは思っていなかった。状態はかんばしくなくとも、今度も持ち直すと思っていた。ホール正面に塩田武史さん撮影の道子さんの大きな写真がある。1000人収容のホールは満席。この壇上で自分が話をすると思っただけで気が遠くなりそうだ。

 与えられた時間は10分である。漁師の緒方正人さん(思想的同伴者)、批評家の若松英輔さん(石牟礼論を刷新)、明大学長の土屋恵一郎さん(新作能「不知火」をプロデュース)ら10人の登壇者には話の役割分担がある。ここ数年、道子さんの密着取材と渾身(こんしん)介護をした私は「晩年に身近にいた」ということで呼ばれている。「天然」だった道子さんは逸話にこと欠かないが、エピソードの紹介だけでは「話に芯がない」印…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文2141文字)

あわせて読みたい

注目の特集