トランプ氏

段階的非核化を容認 米朝12日に会談

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホワイトハウスでの会談後、金英哲朝鮮労働党副委員長と握手を交わすトランプ米大統領=ワシントンで2018年6月1日、AP
ホワイトハウスでの会談後、金英哲朝鮮労働党副委員長と握手を交わすトランプ米大統領=ワシントンで2018年6月1日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は1日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との首脳会談を当初予定通り6月12日に開催すると表明した。トランプ氏は北朝鮮の非核化について「時間をかけても構わない。速くやることも、ゆっくりやることもできる」と北朝鮮側に伝えたとも述べた。首脳会談の実現を優先するために、非核化の「即時達成」を追求してきた方針を転換したともいえる。

 トランプ氏は1日、金委員長の最側近、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長とホワイトハウスで面会し、金委員長からの親書を受け取った。会談後、記者団に対し、北朝鮮側の「非核化の意思」を繰り返し強調しつつ、「彼らは用心深く、急いでやろうとはしていない」と、「段階的な非核化」を主張してきた北朝鮮側の立場に理解を示した。また、「1回の会談ですべてが成し遂げられるとは思わない」とも発言し、複数回の首脳会談を…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1026文字)

あわせて読みたい

注目の特集