メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

函館

スルメイカ初水揚げ 小ぶり多く、今年も不漁か

漁船から水揚げされるスルメイカ=北海道函館市の函館漁港で2018年6月2日午前5時15分、山田泰雄撮影

 北海道南部の日本海で今季のスルメイカ漁が始まり、2日早朝に函館市の函館漁港で約1.5トンが初水揚げされた。昨季の水揚げ初日より3割ほど多かったものの、ここ数年、不漁続きなうえ、この日は小ぶりのイカが多く、漁業者の表情はさえなかった。

 解禁日の1日朝に出港した漁船18隻が接岸し、スルメイカがトラックで市場に運ばれた。生きた状態で水揚げされた「いけすいか」は637…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです