水道工事

産廃管理票、大量偽造 業者、堺市に過大請求か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 堺市発注で2017年度に完成した上下水道工事で、産業廃棄物を適切に処理したことを示す管理票「マニフェスト」が大量に偽造されて市に提出されていたことが、市など関係者への取材で分かった。業者が産廃の量を数倍水増しして、処分費を過大に請求していた疑いがあり、市は廃棄物処理法違反などの容疑で大阪府警への告発を検討している。

 市内のある建設業者は取材に「下請け業者が偽造した」と認めており、産廃処理場を管轄する大阪府も今後、同法に基づく調査に乗り出す方針。

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

ニュース特集