メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボルダリングW杯

大型クライマー楢崎明智が予選突破! 兄弟表彰台狙う(スポニチ)

スポーツクライミング ボルダリングW杯第1日(2018年6月2日 エスフォルタアリーナ八王子)

 男子で16年世界選手権を制した楢崎智亜(ともあ、21=TEAM au)の弟・明智(めいち、19=同)が11位で予選を通過した。難しいコース設定に苦しんだが、5つの課題のうち2つをクリアし5位の智亜とともに3日の準決勝に進出。1メートル86の大型クライマーが、W杯初優勝を狙う。女子は野口啓代(29=同)、野中生萌(みほう、21=同)が順当に準決勝に駒を進めた。

     自国開催の国際舞台で、19歳にはアピールしたいことがあった。「楢崎明智は、まだ生きている」。兄の智亜は16年世界選手権を制し、17年はW杯の複合で総合優勝。偉大な兄の陰で、弟も虎視眈々(たんたん)と活躍を狙う。昨年のW杯八王子大会は予選落ちを喫したが、今年は予選通過。難しいコース設定に苦しみ、「しんどい大会」と苦笑いを浮かべたものの、確かに存在をアピールした。

     1メートル86の大型クライマー。背が高く痩せ気味の体形で、友達からは「エヴァンゲリオンに出てくる“初号機”とか、“進撃の巨人”とか呼ばれていた」と笑う。3月、地元・栃木での表彰式ではプロバスケットボール選手の田臥勇太と対面。田臥には「君、なんでバスケやっていないの?」と言われた。長い手に加え、「繊細な脚の動き」が武器。「体が大きいことで不利になって、何もできない大会がある」と言う一方、サイズが生かせるコース設定なら爆発する可能性も秘めている。

     昨年はボルダリングのW杯米国大会で自己最高の2位に入り、リードでは世界ユース選手権で銀メダル、スピードは日本ランク1位。3種目の複合で争う20年東京五輪も視界に入る。今年2月に腰痛を発症して約1カ月練習できなかったが、今は状態に問題はない。「目標は決勝に行くこと。あわよくば智くん(智亜)と表彰台に乗りたい」。偉大な兄を超えた時、楢崎明の存在感はさらに大きくなる。

     ◆楢崎 明智(ならさき・めいち)1999年(平11)5月13日生まれ、栃木県出身の19歳。兄・智亜の影響で8歳でクライミングを始める。ボルダリングW杯では17年米国大会の2位が最高。今年はボルダリングとリードで日本ユース選手権を制した。1メートル86、60キロ。

     ▼スポーツクライミング ボルダリングは高さ約3~5メートルの壁に付いたホールド(突起物)を手掛かり、足掛かりにして複数の課題(コース)に挑み、完登した数を競う。リードは登った高さを競い、スピードは登る速さを競う。初めて実施される20年東京五輪は男女各20人が出場し、3種目を1人で行う複合で争う。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏休み 「気持ちいい」首相が森、小泉元首相らとゴルフ
    2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
    3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
    4. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
    5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです