メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
POPSこぼれっ話

日本ジャズの自由度加速

 高度な演奏技術が必要で、譜面に書き留めることができる……この点において、クラシックとジャズは血縁である。これは世界中で同じ曲の演奏ができ、国際化が進むことを意味する。

 欧州ジャズの名レーベルECMから「フォー・トゥー・アキズ」(ユニバーサル)でデビューしたドラムスの福盛進也はバークリー音大に学び、ECMの本拠地ドイツで活動していた。サックス、ピアノ、ドラムという変則トリオで、宮沢賢治、滝廉太郎らをモチーフにしたシンプルで知性的な演奏はジャズの新たな地平を開く。

 ピアノとトランペットの“二刀流”という驚きの2枚組みアルバム「インフィニット・クリーチャー」(ポニ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです